So-net無料ブログ作成
検索選択
チャイルドスポンサー ブログトップ

エチオピアからの便り。 [チャイルドスポンサー]

こんばちわ、なちです。

9月だったと思うんですが、チャイルド・スポンサー・シップのエチオピア支援チャイルドのラミラちゃんに手紙を出したんですけど、
その返事がようやく届きました。
3-4ヶ月くらい返事に掛かるとは聞いていたけど、すっかり忘れた頃に届きました。
その間にも、チャイルドの成長記録だったり、クリスマスカードだったりが届いていたので、手紙の返事などすっかーり忘れていたので、びっくりでした。
知らない間に2年生になっていたんですね。
おめでとう!

そして、そのラミラですが、つい先日7歳の誕生日を迎えたようです。
おめでとう、ラミラ。
そしてラミラのおじいちゃま、おばあちゃまもおめでとう。
また手紙を書きますね。
今度はプレゼントを一緒に添えて。

世界では100年に一度の不景気ばかりでなく、戦争という痛みの時代が続いています。
停戦協議は一応の決着をみたとは言っても、被害を受けた子供達はこの出来事を生涯忘れないでしょう。
想像できないほどの恐怖。想像できないほどの悲しみ。想像できないほどの絶望。
それは憎しみや怒りの連鎖となって、次代に受け継がれてしまいます。
顔も知らない相手を、ただ敵というだけで憎む、殺す。
少し前の私たちも同じ道を歩いてきました。

私は世界の情勢について知らないし、日本人は民族や宗教の争いを理解できないと言われるけれども、それでもこんな争いのある未来は訪れてほしくないし、いつの日か敵同士の彼らが武器を捨て、代わりに正しい教養と命を中途で奪われない未来を手に出来ますように。
ラミラのいるエチオピアで、日本人医師が誘拐された事件を聞いて、本当に残念に思いました。
だからこそ、エチオピアの支援チャイルド達が、将来自分達の未来を守るために仕事をした大人達がいることを思い出し、憎しみしか生まない戦争を回避していってほしいと思っています。
花の絵を描いてくれたラミラ。
キレイな桃色の民族衣装を纏って、足は泥にまみれているラミラ。
人の心の痛みが分かる大人の女性になってね。


2009-01-29 21:40  nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チャイルドからのお手紙☆ [チャイルドスポンサー]

こんばちわ、なちです。

今日は寒いくらい涼しかったですね!
昨日は蒸し暑かったので、ノースリーブ1枚に、膝丈のスカートという、真夏のような格好をしてたんですが、夜帰宅する時には涼しくなり、思わず母ちゃんから上着を羽織れと命が下りました(笑)
しかも、昨日は知らない間に眠ったらしく、部屋の電気が付けっ放しで、パジャマも一枚しか着ないで(寒い時はロンT2枚着るため)寝たら、翌朝やっぱりカゼ気味になってしまいました。
風邪(ふうじゃ)にヤラレたようです(笑)←最近、漢方かぶれしてるの♪
早速自汗なしだったため、葛根湯を温服し、いつもの漢方と併せて飲んだら、少し楽に。
夕方少しまただるくなってきたので、少し処方を変更し、飲みました。効いたね☆
そして、早めに帰宅したので、冬物のスカートを出しました。あとはアイロンを掛ければ、どんな寒さもへっちゃらさ(笑)

そうそう、今日は家に帰ったら、チャイルドから手紙が届いていました。
早くね?(嬉)
この前書いた手紙の返事なんだけど。。。
確か日本語の訳が付く場合は、3ヶ月くらいはかかるって話だったけど、今回はたぶん2ヶ月で届いてる!
まだ小さいチャイルドは手紙を書けず代筆だけど、遠いエチオピアのことが書いてあって、何だか普通に文通してる感覚になる。
今回もチャイルドの直筆の花の絵が描いてあって、絵よりも花を愛でるラミラの精神状態がステキだなぁと思ったのよん。
まだ小さい子供だから、どーいう文章を書けば良いのかさっぱり分からないけど、また少し経ったら、返事を書こう。

さてさて、今日はこれから母ちゃんの合格祝いパーティに行ってきます!
合格祝いは奮発しまして、給料日直後なのに、すでに金欠です(爆)
母ちゃん、喜んでくれると嬉しいニャー☆

では、またニャン太。


2008-09-27 18:40  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チャイルドからの初レター☆ [チャイルドスポンサー]

こんばちわ、なちです。

今日も朝から肌寒い一日ですね。
なちさん、長袖2枚着てます(笑)
今日は休日診療のお手伝いに着てるのですが、白衣の下も長袖(笑)
まだ、8月だっちゅーの!

昨日、チャイルドスポンサーになってから初めて、チャイルドから手紙の返事が来ました。
まだ7歳のラミラは文字が書けないので代筆ですが、、、エチオピアの母国語(あれは何語だろう?)とそれを翻訳した英文、そして日本語訳がついていました。
チャイルドスポンサーになって初めて出した手紙から、約4ヶ月を経て、私の手元にお手紙が。
ラミラの近況と、エチオピアの支援地域のことが少し書かれていました。
女の子らしく、お花の絵が書いてあって、嬉しくなりました(ラミラが書いたようです)

世界では平和の祭典が開催されているにも関わらず、戦争はなくなりません。
悪と正義の戦いという分かりやすいものではなく、どちらも自分が正しいんだと思っていると思うし、私がニュースで見たものよりもっと実際は複雑なんでしょう。
ですが、絶対に戦争は悪です!
人間同士が傷付け合って、殺し合って、そこから幸せな未来など生まれないからです。
傷つけられた人間は、傷つけた相手を絶対に許さないでしょう。
許す気持ち、相手を思いやる気持ちを持つことは大切だけれど、親や兄弟や子や肉親や友達を無残にも傷つけられて、相手を許せるのは神であっても難しいでしょう。
避けられない衝突はあるのかもしれませんが、それでも血で血を洗う未来は不幸しか生みません。
そして戦争は普通の人まで傷つけます。何でもない、毎日を精一杯生きている善良な人まで巻き込みます。
私に出来る支援は小さなものですが、将来ラミラがどんな女性に成長するのかは分からないけど、人の優しさや助け合うことの素晴らしさを身を持って感じたラミラは、戦争を起こさない、人を傷つけない大人になってくれると信じています。
ラミラが、人の優しさを繋いでいく大人になってくれたら嬉しいよ。

私が住んでいる国はかつて戦争を起こし、他国を占領し、女性を辱め、弱者を殺してきました。
だからといって、全ての国民がそうではなかったし、実際に愚行をした人間も社会の空気がそうさせたのかもしれない。
この国は、他国の人を傷つけてきたけれど、この国の人だって他国に傷つけられてきました。
私を含め自分たちが間違った方向に進めば加害者になることも、被害者の辛さも知っている国です。
人は全能ではありません、間違ったことを必ずします。
しかしその間違った時に、自分を自制したり、自分に正しいジャッジをするために必要なことは、正しい知識を持つことです。
お勉強が好きなラミラじゃないかもしれないけど、本からだけじゃなく、周囲の人からでも、人の弱さと強さを学んでほしい。
そして、正しい知識を正しい方向に使っていってください。
あなたがもし将来子供を産んだら、その子に精一杯の愛情を注いであげてください。
それも正しい優しさの使い方だと思うから。

まずは、健康的な大人になることを願っています。
遠い国から、あなたの成長を見守っています。
大きくなーれ!ラミラ!!
worldvision728x90.gif


2008-08-24 18:05  nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チャイルドスポンサーになりました。 [チャイルドスポンサー]

こんばちわ、なちです。

今、横浜では、アフリカ会議が開かれています。
毎日ニュースを見ていて、心を抉られるような出来事が多いですね。
人が望んでいることは、幸せな未来という共通項があるのに、何故世界から戦争はなくならないのだろう。。。
争いがなくならないのだろうか。殺し合いがなくならないのだろうか。
同じ赤い血が流れる人間なのだから、肌の色や瞳の色や言葉や宗教や政治が異なっても、同じ地球で生きている仲間として、せめて争うことなく生きていけはしないのだろうか。
文明をフル活用する私達が地球温暖化を増長させている部分があるのに、最もその影響を受けてしまうのが、文明の利器とは程遠い貧しい人達。食料不足に伴う価格高騰は、もちろん私達の食卓にも大きな影響があるが、貧困層はそれが早急な生死に影響する。

漠然と、日々自分も生きていく中で、自分の生活圏という狭い社会が、この世の全てだと思ってしまう自分がいる。それはたぶん今もそう思っているし、自分の見たり聞いたりしたもの以外はリアルに感じない。
でも、それでも世界の裏側で、虐殺された人や、親や子供を失った人のニュースが流れるたび、かわいそうとか悲しいとは思うけれど、結局は自分に出来ることは何もないとか、毎日に忙殺されて忘れてしまう。
でも、本当に自分には何も出来ないのか?と思うこともある。そんな時、一つの新聞広告を見た。

NGO法人「ワールド・ヴィジョン」の「チャイルドスポンサーシップ」だ。
これは、1日ペットボトル1本分の150円、月4,500円の募金で、世界の苦しんでいる子供達の援助をしようという試みだ。
「子どもたちが健やかに成長し、教育を受け、やがては地域が自立できるよう、子どもと交流をしながら、地域に根ざした貧困を解決する開発援助をご支援いただきます。
チャイルド・スポンサーシップにお申込みいただくと、1人の子どもをご紹介し、スポンサーキットをお送りします。
ペットボトル1本分、一日あたり150円、月々4,500円のご支援で、教育、保健衛生、水資源開発、経済開発、農業など継続的な支援活動を行い、地域の過酷な状況を変え、子どもの人生を変えます。ご支援期間は自由です。」

詳しくは、コチラ
プロフィールからも公式HPにジャンプできます。

こういう募金をしていると聞くと、あいつは偽善家だなとか思う人もいると思う。
でも、私は偽善だろうが何だろうが、そんなのは関係ないと思ってる。偽善だろうと、その募金をするという行為に、どれほどの価値があって、それで救われる人や人たちがいるなら、偽善だって全然構わないと思う。

私は幸いにも日本に生まれて、基本的人権の尊重で、必要最低限の生活は保障されている。その基準も高い。
仕事も有り難いことにあって、毎月決まった給料ももらえて、当面生活する上で、困ることもない。
世界の人が、自分に出来ることを、ほんの少しずつするだけで、今より世界は笑顔に満ちたものになると信じている。
もちろん、同じ日本人には、お金以外の支援が出来るはずだから、普段の業務を通じて頑張っていきたい。

なちは、エチオピアの☆ちゃんを応援しています。
目の大きな女の子、、、一緒に大人になろうね。
worldvision728x90.gif


2008-05-29 22:09  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

チャイルドスポンサー ブログトップ
メッセージを送る

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]